マインドエース<仙遊丹>について

heading52

 
Q. キトサン製品は現在たくさんの種類が販売されています。その中から日本抗酸化が、この水溶性キトサン「仙遊丹」を選んだポイントを教えて下さい。
A. このご質問には、当社の代表がお答え致します。
私が、JACT(日本代替・相補・伝統医療連合会議)の事務局長に就任したのは1998年春でしたが、その頃全国の様々な健康食品メーカーや研究者の方々から、健康食品の実情を調査しておりました。

その際、数ある健康食品の中でこの「水溶性キトサン」は、あらゆる疾患に対して飛びぬけた効果があるのではないかと確信致しました。この水溶性キトサンの開発はキチン・キトサン業界の長年の課題でありました。それまで、腸から3?5%程度しか吸収されなかった高分子キトサンを水にも溶け60%以上を吸収させる技術の開発に、ようやく成功したことを知りました。その「低分子水溶性キトサン」の製品が商品化されたわけです。
その後約3ヶ月間、この製品を診療に用いた医師数名が作成した、臨床データや摂取体験 記録の検証、製造工場の視察(宮崎県都城市)などを経て、日本抗酸化で取り扱うことを決定致しました。

*JACT(ジャクト)・・・外科手術や薬漬けのない医療を目指す世界的な医療関係者の学会

Q. 「低分子水溶性キトサン」の特徴を教えて下さい。
A. キトサンは、カニ殻などに含まれるキチン質から化学処理して取り出されたものです。キチンは、そのままでは分解も消化もできない、高分子の動物性食物繊維ですが、キトサン化することによって体内に吸収可能になります。
しかし、可能といっても従来の大多数のキトサン製品は高・中分子で、まだまだ分子量が大きく、実際に腸から吸収されるのは3?5%程度といわれています。
低分子水溶性キトサンとは、高分子のキトサンを水に溶けるまで低分化し安定させたもので、60%以上の吸収が可能になりました。当社取り扱いのキトサン製造会社は、世界に先駆けて体内への吸収率を飛躍的に高める技術を開発し製法特許を取得しています。

 

Q. 水溶性キトサンを飲むと、どのような効果がありますか。
A. キトサンは人類の根源的な栄養素といえます。今から5億7000万年ほど前、地球上の海に初めて甲殻類が誕生しました。つまりキチン質を持った生物が現れたのです。

それ以前の地球には、アメーバーのような20種類ほどの生物しかいませんでしたが、甲 殻類の誕生を境に、生物の種類とその数は爆発的に増えました。
このことから、キチン・キトサンは、生命の進化において、非常に重要な役割を果たしていると考えられています。 海から陸上に上がってきた生命の進化をふまえ、現在、生化学や栄養学の研究から、キチン・キトサンには以下のような効果が期待されています。

  1. 細胞活性化、自然治癒力、免疫力の向上
  2. 代謝促進、血糖上昇抑制作用
  3. コレステロール吸着抑制と調整、血圧降下作用
  4. 発ガン物質、放射性物質と重金属の除去作用
  5. ガン転移阻止、抗ガン、抗腫瘍作用
  6. 尿酸代謝調節、成人病防止作用
  7. 貧血改善、腎機能改善作用
  8. 整腸消化促進、栄養改善作用
  9. 血液浄化、抗血栓作用
  10. 抗カビ抗菌、口臭予防作用

(*「キトサン大薬効」(著者林 義人)より一部抜粋)

Q. キチン・キトサンは食べ物からは摂れないのですか。
A. 実のところ人類は遥か昔から、無意識のうちにキチン・キトサンを食べてきたのです。その仲介をしてきたのは植物なのです。

植物は自分ではキチン・キトサンを作らないのですが、葉の表面からキチン・キトサンを溶かす酵素を分泌しており、葉にとまった虫の脚の外皮をわずかに分解して吸収します。 また土壌の中で、昆虫の死骸が分解してキチン・キトサンになるのですが、それを根より吸収します。

吸収されたキチン・キトサンは、植物細胞に入り込み、細菌や病害虫への抵抗力を高めるスイッチをいれます。人間でいうところの「免疫力」を高めるのです。 その植物を今度は人間が食べる。人間も免疫力が高まり、内臓など活発に働きだし元気がでてきます。虫→植物→人間という連鎖を介して人間はもともと自然界のキチン・キトサンを摂取していた訳です。

しかし、近代農業の登場で、この連鎖が断ち切られてしまいました。農薬やハウス栽培で虫を排除したため、植物を食べてもキチン・キトサンを摂取できなくなってしまったのです。人類誕生以来始めて直面する「キチン・キトサン欠乏症」といえます。 ここにキチン・キトサンを健康食品で摂取しなければならない訳があります。

ページの先頭へ戻る

キチンキトサン・サイクル図

 

 

Q. 水溶性キトサンの有効例を教えて下さい。
A. このご質問には、イソノ診療所所長 医学博士磯野二郎先生の監修本より抜粋してお答えいたします。
 

ガンの増殖を阻止し、転移まで予防できる

 
水溶性キトサンが話題になった理由の一つに、がんへの効果があったとする体験例が数多く報告されていることでしょう。実際、水溶性キトサンには、身体の免疫機能を高め、ガン細胞の増殖を阻止する働きがあります。これは東北薬科大学の鈴木茂生教授らの研究によって明らかにされました。

さらに、水溶性キトサンにはプラス帯電していることも、ガンへの効果に大きな影響を与えていると考えられます。
ガン細胞の周囲には化学的に見た場合、マイナスイオン性のスルホン基というものが存在します。このガン細胞を覆っているスルホン基はプラスイオンのキトサンが吸着します。これによってガン細胞の生存環境が変化するので、ガンの活動が抑制されると考えられるのです。

また、キトサンはガンの転移を予防する働きがあるといわれています。ガンの転移はガン細胞が血管の中に入り込み、血液の流れに乗って運ばれ別の組織のなかに侵入して増殖するという形で進んでいきます。このとき、血液中のガン細胞は、血管壁にある 細胞間の接着分子とくっつきながら組織のなかに入り込もうとします。しかし、血液中にキトサンがあるとガン細胞より先に接着分子にくっつくのでガン細胞の接着をブロックすることができるのです。このメカニズムについては、北海道大学免疫化学研究所の研究グループが明らかにしています。こうした働きは血液中にまで入り込める水溶性キトサンでないと期待できません。
 

自然治癒力を高め、ガンを克服

 
私は外科出身ですが現在、手術は行っていません。そして、原則としてガン患者に対し手術や抗ガン剤の投与はすべきではないと考えています。その理由はさまざまありますが、分かりやすく簡単にいうとガンは切ったり殺したりするよりも、人間が本来もっている免疫機能を高め、自然治癒力を発揮させる方法で治すのがベストと考えるからです。

ガン細胞は手術で取る。取りきれないガンは抗ガン剤で殺してしまう。しかし、これによって患者が被るダメージも相当なもので免疫力も著しく低下します。

逆に免疫力を活性化させる物質は近年、さまざまなものが発見され代替医療の分野などで大きな注目を集めています。もちろん、水溶性キトサンもその一つでありその効果は、前記しましたように非常に期待できるものです。

*「水溶性キトサン・安心健康・心配健康」(インターハート社、監修 磯野二郎)より

 

Q. 水溶性キトサンは、精神的な疾患にも効果があるとききましたが、詳しく教えて下さい。
A. このご質問には、ストレスケア日比谷クリニック院長・医学博士酒井和夫先生の「さわやか元気」と「キレる子どもに効くクスリがあった」の記事より抜粋してお答え致します。

ページの先頭へ戻る

 

イライラの回数が10分の1に減った

 
私が水溶性キトサンを知ったのは、ちょっとした偶然からでした。もともと私は海外の医薬品や内外の健康食品などに関心がありました。偶然、自分自身が服用した水溶性キトサンが気分の不調にとてもよい効果があったので、水溶性キトサンについて書かれた文献や論文を片っ端からあたってみた結果、その効能の幅の広さに驚かされました。

私自身が実際に飲むとイライラしたり、カッとなったりする回数が激減したのです。元来私は短気な性格だったのですが、水溶性キトサンを飲んでからは、怒る回数が10分の1以下に減ったのではないかと思います。そこで知り合いや患者さんにすすめたところ情緒不安定、キレる、不眠、うつ、買物依存症、過食症といった症状に大きな効果が認められました。そこでさらに深く追求してみようということになったのです。
 

精神面への効果はすばらしいもの

 
キトサンは、エビやカニの殻などに含まれるキチンという天然の成分から精製されたものです。十数年前から日本で研究が進み現在は健康食品として広く流通しています。さてキトサンには、高分子キトサンと低分子キトサンがありますが、流通しているものの多くは高分子で非水溶性のものです。これに対して、私が服用している水溶性キトサンは低分子キトサンです。 さらに私が患者さんにおすすめした経験から、精神的な面では次のような良い効果をもたらすことがわかりました。

  1. 情緒の安定をもたらす
  2. 睡眠を適切に調節する
  3. 食欲を適切に調節する
  4. 気力を出す
  5. アルコールを飲みたくなくなる
  6. 衝動をコントロールする(衝動性を少なくする)

そして、次のような方に有効であるといえます。

  1. キレやすい人。小学生から中学生の情緒不安定な子ども
  2. 過食症や拒食症の人
  3. 睡眠障害がある人。安定剤、抗不安薬、睡眠薬をやめたいと思ってもやめられない人
  4. 長期にわたって薬を服用していて、なお不安定、気分の沈み、小さいことへのこだわりが残っている人
  5. 肥満で、成人病の恐れのある人
  6. 買い物依存症、ギャンブル依存症、アルコール依存症の人

これらの効果はいずれも低分子の水溶性キトサンで得られたものです。
ちなみに、ダイエット・キトサンとして流通しているものには、これらの効果は認められませんでした。

私の経験では、水溶性キトサンの心に与える影響を考えると、これだけではとうてい説明できないと考えています。それはこれからの研究課題ですが、私は水溶性キトサンに、今まで知られていない間接的に脳の神経伝達物質に影響を与えるようなメカ二ズムがあるのではないかと思っています。

ページの先頭へ戻る

 

攻撃性が沈静化し、自閉症は心を開く

 
私はこれまで350人以上の患者さんに水溶性キトサンをすすめてきましたが、そのうちの8割の方に顕著な効果がありました。また、副作用がまったくないので、小児から高齢者まで安心して使えるのが魅力です。

症例は、それこそ多岐にわたりますが、家庭内暴力をひんぱんに起していた子どもで、どんな薬も効かなかったのに水溶性キトサンを与えたら、わずか一週間で暴力が収まったということがありました。
水溶性キトサンには、攻撃性を沈静化する働きがあるようなのです。逆に、情緒不安定や自閉症の子どもにも効果をあげています。

一方、年輩の方の場合は高齢うつ、不眠症などに非常に効果がありました。例えば抗うつ剤や睡眠剤が手放せなかった患者さんが、水溶性キトサンをうまく用いることで薬の依存から脱却できた例もあります。
また、アルコール依存症の方が水溶性キトサンを飲んでいると、自然にアルコールが飲みたくなくなるので非常に有効です。特に現在、日本にはアルコールが飲みたくなくなるような薬がないので、非常に貴重だとおもいます。
 

変化が急激すぎたら、長期的に試してみる

 
水溶性キトサンは食品ですから、薬のような服用量というものはありません。ただ私の経験から効果的な服用量と飲み方が、ある程度わかったので紹介しておきたいと思います。

水溶性キトサンは、カプセルになっていますが、1日2?10カプセルぐらいを2?3回に分けて服用します。食前食後を問いません。 薬を飲んでおられる方で薬だけで症状のコントロールが不十分な場合は、1日4カプセルくらいを2回に分けて服用するといいでしょう。そして、1?2週間後に再び量を調節します。

拒食の人や怒こりっぽい人、買い物依存症やギャンブル依存症、アルコール依存症の人で、多少とも効果を感じたら、6カプセルに増量してみて下さい。逆に、様々な変化が急激すぎると感じたら、1日1?2カプセルにおとして長期的な効果を期待することもできます。

飲みはじめて数日後?2週間後までに気力の低下や食欲の不安定、不眠が現れることがあります。このときは、2カプセル程度に量を減らして、長期的な改善を待つか、1日5?10カプセルを飲んで、一気に安定した状態に持っていきその後に減量するという方法もあります。

また、日常的に感じている体の不調が一時的に強くなることがありますが、飲み続けることで改善します。もちろん、いつでも中止することは可能です。
これまで、水溶性キトサンは肝硬変、慢性腎不全、アレルギー疾患、抗ガン剤の副作用軽滅といった難病の方に多く用いられてきました。
もちろん、それも非常に大切ですが、今回お話したような精神科領域の有効性についても注目して頂きたいと思います。