ルイボスティ濃縮茶「ルイボスTX」

A0004
メインイメージ「ルイボス発酵茶(フリーズドライ)「ルイボスTX」」

line-glass

丹羽先生発明・開発の「ルイボスTX」

南アフリカのセダルバーグ山脈で農薬や化学肥料を一切使わずに栽培されている針葉植物(学名:アスパラサス・リネアリス)の葉をつみ取り自然発酵させたお茶です。
「ルイボスTX」は、SOD様作用のあるフラボノイドや、鉄分、カルシウムなどの各種ミネラル分を豊富に含んでいます。
丹羽先生のルイボスTXは、磁器の鍋で24時間煮出し特殊な遠赤外線加熱をし、フリーズドライ製法で濃縮、粉末化してつくられています。ルイボスティの有効成分を効率よく摂取することができます。

★低カロリーで、カフェインを全く含んでいません。
★ルイボスTXは、丹羽先生の土佐清水病院ではニワーナやマイルドと一緒に処方して頂きます。

line-glass

詳しくは、よくあるご質問「ルイボスTXについて」をぜひご参照下さい。

 

丹羽先生発明・開発「ルイボスTX」

ルイボスロゴ

(学名)アスパラサス・リネアリス (Aspalathus Linearis)
丹羽免疫研究所 医学博士 丹羽靱負

 

「ルイボスティー」ってどんなお茶?

ルイボスティーは南アフリカ原産の「ルイボス」という植物で、学名がアスパラサス・リネアリスという豆科の植物が原料のお茶です。今世紀初頭からヨーロッパなどでは知られていましたが、日本には10年ほど前に紹介されました。このお茶はカフェインが全く含まれていないのが一つの特徴で、そのため子供からお年寄りまで安心して飲めます。また、各種の必須ミネラルがバランスよく入っています。

ページの先頭へ戻る

 

ルイボスティーって何語?

ルイボスって聞きなれない語感ですが、これはルイボス自生地の現地語です。ルイボスティーのルイ(Rooi)は「赤い」を、ボス(Bos)は「ブッシュ=藪」を意味します。ティー(Tea)はもちろん「お茶」ですから、ルイボスティーとは「赤い藪から作ったお茶」の意味になります。しかし、緑茶や紅茶・ウーロン茶の類というよりは、ある種の「ハーブティー」というのが適当でしょう。麦茶よりは胃にもたれず、飲んだ後がさわやかです。

ハーブティーはおいしく味わうよりはむしろ香りを楽しみ、一方で、元気になり気分をリフレッシュする面があります。そのように、ルイボスティーもおいしく味わうだけでなく、健康・美容にいいという点がハーブティーと似ています。

 

体にやさしいルイボスティー

ミネラルが豊富

ルイボスの成分を分析した結果、まず分かったことは必須ミネラルが豊富に含まれていることです。

ルイボスに豊富に含まれる鉄、銅、亜鉛、マンガン、さらにカルシウムなどのミネラル類は健康を保つ上でとても大切な成分です。ミネラルが不足すると、体にさまざまな悪影響が出てきます。

さらには、大半の日本人の食事で問題になっているカルシウム不足ですが、周知のように南アフリカは世界に冠たる鉱物産出国です。ルイボスの育つセダルバーグ一帯の赤い大地は、いわばミネラルの宝庫。ルイボスにミネラルが豊富なのもうなずけます。

 

低タンニン、ノンカフェイン

飲み物としてルイボスティーがすぐれている点はタンニンの含有量が少ないことにあります。そしてカフェインを全く含んでいない点です。

タンニンは普通の緑茶や紅茶に大量に含まれて、その苦み・渋味の成分となっています。ルイボスティーのタンニン含有量は平均して煎茶の5分の1、紅茶の8分の1と少ないので、非常に口あたりがいいわけです。

一方のカフェインは、神経の興奮を高め血圧を上げる作用があるため、これが多く含まれる飲み物は誰でも安心してあまりすすめられません。その点ルイボスティーは全くのノンカフェインで安心です。

 

野菜の10〜50倍のパワー

一般に、過酸化脂質の中和能(抗酸化作用)をもつ食品としてビタミン類を多く含む緑黄色野菜が注目されています。

私の調査では、ルイボスティーの抗酸化脂質ラジカルの中和能は、普通の野菜の約10〜50倍。緑黄色野菜の中で一番抗酸化作用の強い赤ジソと比べても、劣らない抗酸化作用を持つ結果になりました。もちろん、多くのお茶類も強い抗酸化能があります。

ルイボスティーのこうした強い「抗酸化作用」はルイボスティーに含まれている「ケルセチン」と「ポリフェノール」というフラボノイド成分に由来すると考えられています。これらのフラボノイド類が活性酸素の発生源に直接作用して、大本から封じ込めるというわけです。しかし、ルイボスのすべての成分が明らかになったとは思っていません。

 
line-glass
 

(株)日本抗酸化のHPは(株)日本抗酸化独自のコンテンツや製作によるものです。また丹羽博士の著作物・出版物や
「アフリカのお茶 ルイボスティー」前田浩/ハート出版(1994年発行)
より抜粋・引用により製作しています。無断引用および転載を固くお断り致します。

アンチオキシ酵学を視察

アンチ写真2014年5月15日〜16日
松川がSOD様食品ニワーナの製造工場であるアンチオキシ酵学を視察し、アンチオキシ酵学社長の丹羽先生の奥様、丹羽笑代様と後継者である、ご子息様の丹羽皓士様とお会いし製品の製造工程を確認し協議して参りました。

久しぶりの高知県の土佐清水の大自然に懐かしさを感じながら、空気や水の美しさや変わらない大自然の空間に、東京では時間に追われる毎日が嘘のようにすべてがリセットされ、心穏やかになることが出来ました。
 

そして今回の重要な視察の目的は、皆様へお届けしている丹羽先生の発明・開発のSOD様食品ニワーナなどが特許の中でも一番重要な、「ごま油での油剤化によって細胞の中まで届いた結果、初めて活性酸素を根本から除去できる」、というこの工程を、しっかり松川の目で確認するということです。
 

製造工程および製造機器が大変特殊な為、工場内の写真撮影は一切許可はしていません。
久しぶりに訪れました工場内は、衛生面の管理の素晴らしさは変わらず、全てが機械に任せるのではなく人の手・目によって確実な管理がされていました。
 

たとえば、焙煎の工程では、遠赤外線焙煎製法の重要な100度を超えてはいけないという温度管理も最終、人の目によって確認されていました。

そして麹での発酵過程では、“生き物”である麹による発酵が、重合を一層促進するため、工場内での徹底した温度管理や発酵管理などが行われていました。
 

そして何よりも油剤化の工程の視察では、まず工場内は、ごま油の芳醇な香りに包まれていることをお伝えしたいです。
焙煎して熱を加えたゴマは大変乾燥し油を搾りだすのは至難の業ですが、特殊な機械を特別に設計・考案(特許取得)した結果、世界で初めて細胞の中まで届く油剤化に成功しているこの工程を、改めて松川のこの目で確認し、様々な病に効果のある最高のSOD様食品はこのように変わらず製造されていることを確認し安心と感謝の思いで東京に戻り、早く皆様へお伝えしたいという気持ちでいっぱいになりました。
 

このような素晴らしい製品に携われますお蔭で、なによりも自分自身が健康になり日々の生活の中で喜びと感謝の心で過ごせる毎日でございます。
弊社社名である「日本抗酸化」や商品名のSOD様食品「ニワーナ」は、丹羽先生より命名して頂きました。
そして、日本抗酸化は丹羽先生開発のSOD様食品と共に歩んで参りました。
今日まで、たくさんのお客様と出会いニワーナをお伝えしながら、共に発展し温かい輪が広がり続けて居ります事に心より感謝申し上げます。

 
 

SOD様食品ニワーナの製造工場であるアンチオキシ酵学を視察し、
アンチオキシ酵学社長の丹羽先生の奥様、丹羽笑代様と後継者である、ご子息様の丹羽皓士様とお会いし、製品の製造工程を確認し協議しております。

DSCF0166
5月15日 アンチオキシ酵学 工場内入口前にて

 

DSCF0156
5月15日 曇り空の四万十川にて(松川)

 

DSCF0157
5月15日 晴れてきました(松川)
土佐清水に到着前です。足摺宇和海国立公園にて

 

DSCF0162
アンチオキシ酵学 正面玄関前
(アンチオキシ酵学社長の丹羽先生の奥様・丹羽笑代様と、後継者であるご子息様の丹羽皓士様)

 

DSCF0167
5月16日 土佐清水病院

 

サイトリニューアルのお知らせ

top04-eyecatch
(株)日本抗酸化のホームページをリニューアル致しました。
さらにお客様のお役に立てますよう尽力して参ります。
これからもご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。
 
2014年10月28日より、(株)日本抗酸化のホームページが生まれ変わりました。従来のホームページに最新の医学情報を加え、コンテンツの構成やデザインを一新致しました。
 
 

★リニューアルに伴い変更点のお知らせ

リニューアルにあたり大変お手数をお掛け致しますが、既にご登録頂いている方も再登録をお願い致します。

低分子水溶性キトサン「マインドエース<仙遊丹>」

A0009
マインドエース仙遊丹

line-glass
 
キトサンは、カニ殻(鳥取県境港市にて収穫されましたカニを使用しています。)などに含まれるキチン質から、化学処理して取り出されたものです。キチンは、そのままでは分解も消化もできない高分子の動物性食物繊維ですがキトサン化することによって、体内に吸収可能になります。

しかし可能といっても従来の大多数のキトサン製品は高・中分子で、まだまだ分子量が大きく、実際に腸から吸収されるのは3?5%程度といわれています。

低分子水溶性キトサン「マインドエース<仙遊丹>」は、世界に先駆けて体内への吸収率を飛躍的に高める技術を開発し、製法特許を取得しています。

この製品は、高分子のキトサンを水に溶けるまで低分化し安定させたもので、60%以上の吸収が可能になりました。
22段階の製造工程を経てカニの殻より0.2%しか取れない貴重な製品です。
 
line-glass

 

マインドエース<仙遊丹>について


 
キチンキトサン・サイクル図

 
 

(株)日本抗酸化のHPは(株) 日本抗酸化独自のコンテンツや製作によるものです。またキトサン食品工業株式会社の著作物
出版物より抜粋・引用により製作しています。無断引用および転載を固くお断り致します。

小島保彦医学博士開発 活性高分子多糖体 「インターナチュラル(INTERNATURAL)」

A0006
インターナチュラル(INTERNATURAL)

 
活性高分子多糖体インターナチュラルの、最適な組み合わせとわかったのが、紫ウコン(ガジュツ)、カボチャの種子、トウモロコシのめしべ、ケイヒ(シナモン)、ハトムギという5つの天然素材です。
産地、抽出温度、抽出時間などの“小島抽出法”を厳密に守ったうえで製造され誕生したのが『インターナチュラル』です。膨大な科学的データに裏付けされた“本物”の製品です。

 

line-glass

最適な組み合わせ,5つの天然素材

紫ウコン(ガジュウツ)

ショウガ科。中国では根茎を乾燥させたものが使われてきた。

ケイヒ(シナモン)

 

カボチャの種子

 

ハトムギ

 

トウモロコシのめしべ

 

インターナチュラルの製造工程

成分を壊さないように素材ごとに抽出する

日本国内工場
日本国内工場
安全検査→洗浄・滅菌・乾燥→粉砕・熱水・抽出→抽出液調合→粉末化→企画試験→充填

ページの先頭へ戻る

国際特許を取得済

■US4419349(アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ベルギー)
 
■US4421746(アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ベルギー)
 
■EP0039923(アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、カナダ)
 
■その他の特許:特許第1288020、特許第1288021(DE3004018,IN152883)、特許第1026652、特許第1263555、特許第1288042(US4440761)、特許第1281580、特許第1382400、特許第1643537など


 

開発者プロフィール、小島保彦(こじま・やすひこ)博士

小島保彦(こじま・やすひこ)博士
小島保彦(こじま・やすひこ)博士

略歴

昭和3年生まれ 東京理科大学化学科卒業
昭和29年 長野泰一教授と連名でインターフェロンを発見
昭和39年 東京大学大学院生物系にて医学博士授与
昭和55年 漢方生薬の中にインターフェロン・インデューサー
(インターフェロン誘起作用物質)を発見

インターフェロン・インデューサーの特許を含め、日米特許は生薬数十種類にのぼる。
漢方生薬を用いて、ヒト、家禽、家畜、養殖魚の健康食品を開発する。
現在、インターフェロン・ハーブ研究所所長。

【平成16年版科学技術白書第1部第2章第1節】
『20世紀における科学技術の足跡』(文部科学省作成)より
平成16年版科学技術白書第1部第2章第1節 『20世紀における科学技術の足跡』(文部科学省作成)

(株)日本抗酸化のHPは(株) 日本抗酸化独自のコンテンツや製作によるものです。また小島保彦医学博士及び株式会社パラディアムの著作物
出版物より抜粋・引用により製作しています。無断引用および転載を固くお断り致します。

New SOD様食品 「ニワ エーオーエーエフ スペシャル(NIWA AOAF SPECIAL)」

A0005
ニワ エーオーエーエフ スペシャル(NIWA AOAF SPECIAL)

line-glass

丹羽先生発明・開発のNew SOD様食品

「ニワ エーオーエーエフ スペシャル(NIWA AOAF SPECIAL)」
SOD様食品「ニワーナ(Niwana)」の原材料より大豆を取り除き
大豆アレルギーの方の為に丹羽先生が開発した製品です。

 
line-glass

 
 

SOD様食品「ニワーナ(Niwana)」の製造特許過程

「ニワーナ(Niwana)」の原材料は、胚芽・大豆・糠・はと麦・小麦・ごま油・ゆず果汁・抹茶・ 杜仲茶・ごま・麹などの自然植物や穀物です。

それらを、丹羽博士独自の方法である、世界にも類例のない製造特許によりSOD様食品が体内で吸収されやすくするための3つの特徴(1.遠赤外線焙煎、2.麹菌を加え発酵させる、3.焙煎したゴマよりごま油を抽出し油剤化する)を持つ製法でつくられて、はじめて効果が期待出来るようになりました。
1.遠赤外線焙煎
芯まで熱が届き、重合をとくために遠赤外線で焙煎
穀物の焙煎法

2.麹菌を加え発酵させる
さらに重合を一層切断するために麹菌で発酵
加熱、胃液処理、発酵前後の植物内抗酸化

3.焙煎したゴマよりごま油を抽出し油剤化する
細胞膜の受容体(レセプター)に取り込まれるように、特殊なゴマ油で油剤化
ゴマ油で油剤化

 

SOD様食品「ニワーナ(Niwana)」Q&A(摂り方・保存方法)

Q. ニワーナは、いつ摂るのが良いですか?
A. 空腹時が良いと言われています。
朝・昼・晩、出来るだけ均等に、飲み忘れた場合には、その日のうちにまとめて1日分をお召し上がりください。胃の弱い方は、食後すぐにお召し上がりください。激しいスポーツの後にも、ぜひ「ニワーナ」をお召し上がり頂くことをお勧めいたします。

Q. どのように摂りますか?
A. よくかんでお召し上がり頂くのが1番良い方法です。お水やお白湯で飲んでもかまいません。どうしても飲めない場合は、小分けにしてオブラートに包むか黒糖やはちみつを入れてお飲み下さい。

Q. 料理に使っても良いですか?
A. 料理に使う場合は、温度が70度を越しますと成分中のビタミンやミネラルが壊れてしまいますので、炒めもの・蒸しものへのご利用はお避けください。乳幼児の離乳食に混ぜる場合は、すり潰してお使いください。

Q. 何包摂ったら良いですか?
A. 健康維持には15歳以上の大人の方で1日3包が目安です。

Q. どこに保存したら良いですか?
A. 直射日光の当たる場所や高温で湿気の多い場所はお避けください。商品の賞味期間は製造年月日より24ヶ月です。尚、製品には万全を期しておりますが、お気づきの点などございましたら、当社まですぐにご連絡ください。

Q. 副作用の心配はありませんか?
A. 「ニワーナ」の成分は無農薬の大豆、胚芽、緑茶、ゴマなどで、自然の恵みそのものです。副作用の心配はありません。


お子様からお年寄り、妊娠中の女性でも、お召しあがりいただけます。

ただし麹アレルギーの方は一度ご相談ください。


ページの先頭へ戻る

 

お客さまの質問の中から…

Q. 私はニワーナの成分中の大豆にアレルギーがあります。どうすれば良いでしょうか?
A. 全ての方にアレルギーが起きるわけではありませんが、万が一湿疹などが出た場合は、すぐにお近くの丹羽先生の病院へご連絡ください。また、NEW SOD様食品「ニワ エーオーエーエフ スペシャル NIWA AOAF SPECIAL」は、大豆を取り除いた丹羽先生が、大豆アレルギーの方の為に開発した製品です。こちらの製品をお勧め致します。

Q. ニワーナを食べ始めてから便秘ぎみです。なぜですか? またどうすれば良いでしょうか?
A. 一時的に便秘になる方がいらっしゃるようです。包数を加減して繊維の多い食事を心がけてください。

Q. 私は糖尿病で近くの病院でもらったいろいろな薬を毎日飲んでいます。ニワーナと一緒に飲んでも良いですか?
A. 結構です。ニワーナは医薬品ではありません。大豆・ゴマ・胚芽などが主成分の自然の恵み豊かな食品です。安心してお召し上がりください。

Q. ニワーナとルイボスTXは、一緒に摂っても良いですか?
A. 結構です。むしろ一緒に飲んでいただくことが最適です。

 
 


詳しくは、よくあるご質問「SOD様食品ニワーナについて」をぜひご参照下さい。

 
 
line-glass
 

(株)日本抗酸化のHPは(株) 日本抗酸化独自のコンテンツや製作によるものです。また丹羽博士の著作物
出版物より抜粋・引用により製作しています。無断引用および転載を固くお断り致します。

SOD様食品「ニワーナ(Niwana)マイルド」

A0003
メインイメージ「SOD様食品「ニワーナ(Niwana)マイルド」」

line-glass

丹羽先生発明・開発の「ニワーナ(Niwana)マイルド」

マイルドは、SOD様食品「ニワーナ(Niwana)の原料から緑茶・抹茶をカットし、ノンカフェインの杜仲茶にすることにより胃弱の方でも飲みやすいようにと丹羽先生が開発された製品です。味も、その名の通りマイルドで優しい味で、大変飲みやすくなっています。

*ニワーナの効果効能と全く同じです。

*お子様はもちろんの事、妊娠中の方や胃の弱い方も、食事前に安心してお召し上がり頂けます。

line-glass

 

SOD様食品「ニワーナ(Niwana)」の特徴

「SOD」は胚芽、大豆などの自然食品や穀物に含まれていますが、そのまま食べるだけでは有効物質の重合がとれず、体内で吸収することができません。

さらに、「SOD」という酵素は高分子のため、臨床的に有効なSOD注射も半減期(身体で有効に作用する時間)が6分で、完成に至っていません。製薬会社の工場で科学的に作られた合成品も同様でした。

ページの先頭へ戻る

 

SOD様食品「ニワーナ(Niwana)」の製造特許過程

「ニワーナ(Niwana)」の原材料は、胚芽・大豆・糠・はと麦・小麦・ごま油・ゆず果汁・抹茶・ 杜仲茶・ごま・麹などの自然植物や穀物です。

それらを、丹羽博士独自の方法である、世界にも類例のない製造特許によりSOD様食品が体内で吸収されやすくするための3つの特徴(1.遠赤外線焙煎、2.麹菌を加え発酵させる、3.焙煎したゴマよりごま油を抽出し油剤化する)を持つ製法でつくられて、はじめて効果が期待出来るようになりました。
1.遠赤外線焙煎
芯まで熱が届き、重合をとくために遠赤外線で焙煎
穀物の焙煎法

2.麹菌を加え発酵させる
さらに重合を一層切断するために麹菌で発酵
加熱、胃液処理、発酵前後の植物内抗酸化

3.焙煎したゴマよりごま油を抽出し油剤化する
細胞膜の受容体(レセプター)に取り込まれるように、特殊なゴマ油で油剤化
ゴマ油で油剤化

 

SOD様食品「ニワーナ(Niwana)」Q&A(摂り方・保存方法)

Q. ニワーナは、いつ摂るのが良いですか?
A. 空腹時が良いと言われています。
朝・昼・晩、出来るだけ均等に、飲み忘れた場合には、その日のうちにまとめて1日分をお召し上がりください。胃の弱い方は、食後すぐにお召し上がりください。激しいスポーツの後にも、ぜひ「ニワーナ」をお召し上がり頂くことをお勧めいたします。

Q. どのように摂りますか?
A. よくかんでお召し上がり頂くのが1番良い方法です。お水やお白湯で飲んでもかまいません。どうしても飲めない場合は、小分けにしてオブラートに包むか黒糖やはちみつを入れてお飲み下さい。

Q. 料理に使っても良いですか?
A. 料理に使う場合は、温度が70度を越しますと成分中のビタミンやミネラルが壊れてしまいますので、炒めもの・蒸しものへのご利用はお避けください。乳幼児の離乳食に混ぜる場合は、すり潰してお使いください。

Q. 何包摂ったら良いですか?
A. 健康維持には15歳以上の大人の方で1日3包が目安です。

Q. どこに保存したら良いですか?
A. 直射日光の当たる場所や高温で湿気の多い場所はお避けください。商品の賞味期間は製造年月日より24ヶ月です。尚、製品には万全を期しておりますが、お気づきの点などございましたら、当社まですぐにご連絡ください。

Q. 副作用の心配はありませんか?
A. 「ニワーナ」の成分は無農薬の大豆、胚芽、緑茶、ゴマなどで、自然の恵みそのものです。副作用の心配はありません。


お子様からお年寄り、妊娠中の女性でも、お召しあがりいただけます。

ただし麹アレルギーの方は一度ご相談ください。


ページの先頭へ戻る

 


お客さまの質問の中から…

Q. 私はニワーナの成分中の大豆にアレルギーがあります。どうすれば良いでしょうか?
A. 全ての方にアレルギーが起きるわけではありませんが、万が一湿疹などが出た場合は、すぐにお近くの丹羽先生の病院へご連絡ください。また、NEW SOD様食品「ニワ エーオーエーエフ スペシャル NIWA AOAF SPECIAL」は、大豆を取り除いた丹羽先生が、大豆アレルギーの方の為に開発した製品です。こちらの製品をお勧め致します。

Q. ニワーナを食べ始めてから便秘ぎみです。なぜですか? またどうすれば良いでしょうか?
A. 一時的に便秘になる方がいらっしゃるようです。包数を加減して繊維の多い食事を心がけてください。

Q. は糖尿病で近くの病院でもらったいろいろな薬を毎日飲んでいます。ニワーナと一緒に飲んでも良いですか?
A. 結構です。ニワーナは医薬品ではありません。大豆・ゴマ・胚芽などが主成分の自然の恵み豊かな食品です。安心してお召し上がりください。

Q. ニワーナとルイボスTXは、一緒に摂っても良いですか?
A. 結構です。むしろ一緒に飲んでいただくことが最適です。


詳しくは、よくあるご質問「SOD様食品ニワーナについて」をぜひご参照下さい。

 

 
line-glass
 

(株)日本抗酸化のHPは(株) 日本抗酸化独自のコンテンツや製作によるものです。また丹羽博士の著作物
出版物より抜粋・引用により製作しています。無断引用および転載を固くお断り致します。